インプラントと入れ歯・ブリッジとの違い

歯を失ったままにしていると?

様々な「お口のトラブル」が起こる恐れがあります

歯を失ったままにしていると、様々な「お口のトラブル」が起こる恐れがあります。
例えば、それまで欠損部分の歯と噛み合っていた対合歯が刺激を受けなくなって、歯がなくなったスペースに向かって伸びて来てしまう場合があります。
また、欠損部分の両隣の歯が倒れ込んで来て、歯並びの乱れの原因となったり、噛み合わせが悪くなってものがきちんと噛めなくなったりする場合があります。
そしてお口を開けた時に歯がない部分が目立って、口元の印象を悪くしてしまう恐れがあります。

歯を失ったままにするデメリット

  • 対合歯が伸びて来る
  • 歯並びの乱れの原因となる
  • ものがきちんと噛めなくなる
  • 口元の印象が悪くなる

など

歯を失った時の治療方法は?

インプラント以外にも入れ歯・ブリッジがあります

インプラント以外にも入れ歯・ブリッジがあります

歯を失った時の治療方法として、インプラント以外にも入れ歯やブリッジがあります。
「どの方法が良いの?」と迷われる方もおられると思いますので、まずは一度当院へご相談いただければと思います。
3つの治療方法それぞれの内容やメリット・デメリットを詳しくご説明して、患者様にお選びいただくようにしています。

「お任せします」ということでしたら、少数歯の欠損(1~2本の欠損)の場合、保険診療ならブリッジ、自費診療ならインプラントが第一選択と考えています。
ただし、その方のお口の状態や細かなご要望、どこまで費用をかけられるかなどによって変わってきますので、カウンセリングの中でどれが最適かを患者様と一緒に決めていければと思います。

インプラント・入れ歯・ブリッジの違いは?

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

 インプラント入れ歯ブリッジ
治療方法 歯の欠損部分の顎の骨に人工歯根を埋入させる 人工歯と床部分から構成される装置を口腔内に装着させる 歯の欠損部分の両隣の歯を削り、それを支台として人工歯を橋渡しする
残存歯への影響 影響なし 負担がかかる 健康な歯を削らなくてはいけない
咬合力 天然歯に近い咬合力が得られる場合がある 咬合力は弱く、硬いものがしっかり噛めない場合がある 入れ歯よりは咬合力が得られやすい
審美性 高い 低い(クラスプが目立つ) 入れ歯よりは高い
治療期間 長い 短い 比較的短い
費用 自費診療 保険適用 保険適用

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 保険が適用されるので費用が抑えられる
  • 比較的短期間で治療が終えられる
  • 自費の入れ歯を選択すれば、口元の審美性を維持したり、違和感を軽減させたりすることが可能

デメリット

  • 残りの健康な歯に負担がかかる
  • 噛む力が弱いので、硬いものや粘着性のものが噛みづらい場合がある
  • 入れ歯の種類によっては口元の審美性が損なわれる恐れがある

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 保険が適用されるので費用が抑えられる
  • 比較的短期間で治療が終えられる
  • 入れ歯よりも高い咬合力が得られやすい
  • クラスプがないので、入れ歯よりも審美的

デメリット

  • 健康な歯を削らなくてはいけない
  • 支えとする健康な歯の寿命を縮める恐れがある

Doctors File

松山歯科オフィシャルサイト

お支払方法は現金・クレジットカード・デンタルローンの3つの方法から選べます。

top

0662247468

お問い合わせ