インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療のメリットは?

天然歯に近い噛み心地

天然歯に近い噛み心地

インプラント治療では顎の骨にインプラント体(人工歯根)を埋入して、しっかりと固定させますので、ぐらついたりするようなことはなく、硬いものでもしっかりと噛めるようになります。
天然歯に近い噛み心地を得ることも可能です。

見た目が自然

入れ歯の場合、種類によっては金属の部品(クラスプ)を使って固定するため口元の見た目が悪くなる恐れがありますが、インプラント治療ではそうしたことはなく、自然で美しい口元をキープさせることが可能です。

残存歯に負担がかからない

インプラント治療では欠損部分だけを治療しますので、まわりの健康な歯に負担をかけたり、削ったりする必要はありません。
残存歯を温存するうえでも有効な治療方法だと言えます。

顎の骨が痩せるのを防げる

入れ歯の場合、噛む刺激が伝わりにくいので長期間使用すると顎の骨が痩せてしまうことがありますが、インプラント治療の場合、噛む刺激が伝わりやすいのでそうしたことを防ぐことが可能となります。

インプラント治療のデメリットは?

外科手術が必要になる

顎の骨にインプラント体を埋入するために外科手術が必要になります。

自費診療なので費用がかかる

インプラント治療は保険が適用されず、自費診療となるため費用がかかります。

定期メンテナンスが必要

きちんと定期メンテナンスを受けないと、インプラント周囲炎などのトラブルが起こって最悪の場合、埋入したインプラント体が抜け落ちてしまう場合があります。

誰でもインプラント治療は受けられる?

基本的に成人以降の方が対象となります

基本的にインプラント治療は成人以降の方が対象となります。
顎の骨が成長過程にあるお子様が治療を受けると、骨の発育にともなってインプラント体が埋入してしまう恐れがあるからです。
ご高齢の方の場合、抜歯などの手術が受けられる健康な方であれば治療可能と言えます。

骨の量が足りない場合には骨造成が必要になることも

インプラント体を埋入するためには、十分な顎の骨の量が必要になります。
これが足りない場合には、安全に治療できない場合があります。
そのため「ソケットリフト」や「サイナスリフト」などの骨造成を行って、骨の量を増やしてから治療するケースがあります。
当院では骨造成に対応していますので、骨の量が足りないために他院で治療を断られた方もお気軽にご相談ください。

インプラントはどのくらい持つ?

きちんとメンテナンスすれば長持ちさせることが可能です

きちんとメンテナンスすれば長持ちさせることが可能です

インプラントがどのくらい持つか一概にお伝えするのは難しいですが、治療後、きちんと定期メンテナンスを受ければ長持ちさせることは可能です。
当院では埋入直後から1ヶ月間は、可能であれば毎日、あるいは2~3日に1回のペースでメンテナンスにお越しいただいています。
その後は1~2週間に1回、3ヶ月後からは3ヶ月に1回のペースでお越しいただいています。

このようにきちんと定期メンテナンスを受けていただければ、インプラント周囲炎を予防して長期間快適にお使いいただくことが可能です。
15年以上、問題もなくインプラントを使い続けているというケースもあります。
反対にメンテナンスを怠ったため、5年程度で抜け落ちてしまったというケースもありますので、「埋入したらそれで終わり」とお考えにならずに、定期メンテナンスを受けて長持ちさせるようにしましょう。

Doctors File

松山歯科オフィシャルサイト

お支払方法は現金・クレジットカード・デンタルローンの3つの方法から選べます。

top

0662247468

お問い合わせ