詰め物・被せ物

セラミック治療とは?

銀歯は金属アレルギー・歯茎の黒ずみの原因となることも

銀歯は金属アレルギー・歯茎の黒ずみの原因となることも

虫歯治療で歯を削った時、その歯を補うために詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)を入れますが、この時、銀歯を入れると金属色が目立って口元の審美性が損なわれる恐れがあります。
さらに経年劣化により溶けた金属が体内に蓄積されて、金属アレルギーや歯茎の黒ずみの原因となる場合があります。

審美性・耐久性の高いセラミックを使用します

一方、天然歯に近い白さと透明感が再現することが可能なオールセラミックを使用する「セラミック治療」なら、口元の美しさをキープすることが可能です。
金属を一切使用していないので、金属アレルギーや歯茎の黒ずみの心配もありません。
さらに汚れの付着や変色も起こりにくいので、きちんとケアすれば長期間快適にお使いいただけます。

セラミック治療の特徴は?

天然歯に近い白さと透明感を再現することが可能

銀歯などの金属と違い、オールセラミックは天然歯に近い白さと透明感を再現することが可能ですので、口元を自然に見せることができるようになります。

適合性が高いので二次カリエスの予防が可能

銀歯の場合、長期間使用することで歯との間に隙間ができ、そこから細菌が侵入して二次カリエス(虫歯の再発)が起こる恐れがあります。
セラミック治療では歯との適合性を高めることが可能なため、二次カリエスの予防に繋がります。

汚れの付着・変色が起こりにくい

オールセラミックは表面が滑らかなので汚れが付着しにくく、吸水性がないので変色が起こりにくいとされています。
口臭リスクも抑えられます。
きちんとケアすれば長期間快適に使い続けることが可能です。

金属アレルギー・歯茎の黒ずみが起こらない

オールセラミックは金属を一切使用していませんので、銀歯のように金属アレルギーや歯茎の黒ずみが起こる心配はありません。

松山歯科のセラミック治療のこだわりは?

メリット・デメリットを詳しくご説明します

メリット・デメリットを詳しくご説明します

セラミック治療で使用する材料には「オールセラミッククラウン」や「ジルコニアクラウン」など、色々な種類があります。
それぞれで特徴が異なりますので、その方のお口の状態やご希望などに応じて、メリット・デメリットを詳しくご説明したうえで「前歯に入れるならこれがおすすめ」「奥歯に入れるならこれが最適」というようにご提案させていただきます。

事前の診断を大切にしています

オールセラミックを入れる場合、銀歯と違ってある程度の歯の厚みが必要になります。
そのため、いくら優れた材料だからといってすぐにオールセラミックをおすすめするのは問題があると言えます。
耐久性が高い材料ですが、適していない歯に被せると割れてしまう恐れがあります。

当院ではこうしたことを避けるために、事前の診断を大切にしています。
患者様の歯の状態や咬合力などを総合的に診て、10~20年先も持たせることを目標に治療を行わせていただきます。

信頼のおける歯科技工所に作製を依頼しています

実際に詰め物・被せ物を作製する歯科技工所の選定は、患者様にご満足いただくうえでとても重要な要素です。
当院では各歯科技工所からモデルを取り寄せて、「ここなら大丈夫」と思えるところを選んで作製を依頼しています。

セラミックの種類は?

オールセラミッククラウン・インレー

セラミックのみで作製した詰め物・被せ物です。
天然歯に近い白さと透明感を再現することが可能で、歯との適合性を高めて作製しやすく、汚れの付着や変色も抑えられます。
金属を一切使わないので金属アレルギーや歯茎の黒ずみが起こりません。

メリット

  • 天然歯に近い白さと透明感を再現することが可能
  • 歯との適合性が高い
  • 汚れの付着・変色が起こりにくい
  • 金属アレルギー・歯茎の黒ずみが起こらない

デメリット

  • 噛む力が強かったり、強い衝撃を受けたりすると破損する恐れがある
  • 保険が適用されないため、自費診療となる

ジルコニアクラウン

「ジルコニア」という耐久性に優れた材料を使って作製する被せ物です。
オールセラミック同様に審美性が高く、強い咬合力に耐えられるので奥歯での使用も可能です。

メリット

  • 耐久性が高い
  • 咬合力の強い奥歯でも使用可能

デメリット

  • まわりの歯と色を合わせるのが難しい場合がある
  • 天然歯よりも硬いので、噛み合わせる歯を傷つける恐れがある
  • 保険が適用されないため、自費診療となる

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物です。
金属を使用するので高い耐久性が期待できますが、審美性はオールセラミックよりも劣ると言えます。
また、フレームに使用する金属の種類によっては金属アレルギーの原因となったり、歯茎の黒ずみが起こったりする場合があります。

メリット

  • 金属を使用するので耐久性が高い
  • 咬合力の強い奥歯でも使用可能

デメリット

  • オールセラミックよりも審美性が劣る
  • 使用する金属の種類によっては金属アレルギーの原因となる恐れがある
  • 歯茎の黒ずみが起こる場合がある

ハイブリッドインレー

レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを合わせて作製した詰め物です。
費用を抑えて歯を白くすることができますが、オールセラミックよりも審美性は劣り、強い衝撃を受けると破損する恐れがあります。

メリット

  • 費用を抑えて歯を白くすることができる
  • 硬度が天然歯に近いので、噛み合わせる歯を傷つけにくい

デメリット

  • オールセラミックよりも審美性が劣る
  • 強い衝撃を受けると破損する恐れがある

セラミック治療の費用は?

※価格は税抜表示です

オールセラミッククラウン70,000円
セラミックインレー400,00円~
ジルコニアクラウン80,000円
メタルボンド80,000円
ハイブリッドインレー30,000円~

Doctors File

松山歯科オフィシャルサイト

お支払方法は現金・クレジットカード・デンタルローンの3つの方法から選べます。

top

0662247468

お問い合わせ