歯を白くする治療へのこだわり

歯を白くする治療へのこだわり
~院長インタビュー~

どのような方が治療を受けられているか?

どのような方が治療を受けられているか?

歯の色にコンプレックスを抱えていて笑顔に自信が持てない方、銀歯が目立つのが気になる方、年齢とともに歯の変色・黄ばみが目立つようになった方など、色々な方が歯を白くする治療をご希望になられています。
当院でも医院前の立て看板で「こんな方法で歯を白くできますよ」とご案内したり、カウンセリングで「こういう治療がありますよ」とお伝えしたりして、お悩み解消のための方法をご提案するようにしています。

どういう思いで歯を白くする治療をご提供しているか?

歯は「ものを噛む」ためだけのものではなく、口元の審美性やお顔の雰囲気、魅力的な笑顔といったその方の「美しさ」に影響する大切な要素だと考えています。
当院の歯を白くする治療を通じて、お口の健康だけでなく見た目の部分でも満足していただきたいと思っています。

歯の色は口元の審美性に大きく影響する?

歯の色は口元の審美性に大きく影響する?

そうだと思います。
ですが一番影響するのは、「ご本人様の自信」ではないでしょうか?
歯の色にコンプレックスを抱えていると自信を持って笑えなくなり、表情も暗くなってしまうのではないかと思います。
反対に歯の色が白くてきれいだと、思いっきり笑えるようになって表情も明るくなり、色々なことに積極的になれるものと思います。

銀歯が気になる方にはどんな治療を?

金属色が目立つ銀歯を白くて透明感のあるオールセラミックに入れ替える「セラミック治療」をご提供しています。
銀歯だと口元の見た目が悪くなるだけでなく、金属アレルギーや歯茎の黒ずみの原因となるなどのデメリットがありますが、オールセラミックならそうした心配はありません。
生体親和性の高い材料ですので、安心して口元をきれいにしていただけます。

セラミック治療について詳しくはこちら

歯の変色・黄ばみが気になる方にはどんな治療を?

専用の薬剤で歯を内側から漂白する「ホワイトニング」がおすすめです。
当院では「ビヨンドホワイトニング」を採用していて、高いホワイトニング効果が期待できるだけでなく、しみなどの刺激や発熱が抑えられるので歯への負担を心配せずに治療が受けられます。

またホワイトニングだけでなく、歯茎の黒ずみが気になる方のためレーザーによるガムピーリングもご提供しています。
歯を白くするとともに、歯茎を健康的なピンク色にすることでより口元の印象を良くしていただけます。

「ホワイトニングまでは必要ないけど、歯を白くしたい」という方には、エアフローがおすすめです。
エアフローとは、特殊なパウダーを混ぜた水と高圧エアーで、歯の表面の歯垢(プラーク)やバイオフィルム(細菌の塊)などの汚れを除去する治療です。
痛みはほとんどなく、歯に付着した汚れをきれいに落として本来の白さを取り戻すことが可能です。
当院ではスケーリングにエアフローを組み込んでいて、スケーリングを受けられる患者様全員に行っています。

ホワイトニングについて詳しくはこちら

Doctors File

松山歯科オフィシャルサイト

お支払方法は現金・クレジットカード・デンタルローンの3つの方法から選べます。

top

0662247468

お問い合わせ